Prague, a beautifull city

 プラハは、幻想的に美しい街だと聞いていた。私のなかでのプラハのイメージは、きめ細かく敷き詰められている、鮮やかに彩られた赤れんがの建物、その古い歴史や文化、地域に根ざした生活の香りが溢れた街並みであった。しかしながら、私がその場で目にしたものは、プラハがそれまでに背負ってきた歴史や生活から切り離された町だった。プラハは、外国人の溢れるコスモポリタンな町にと変質しつつあった。

 As if an illusion, Prague is a beautiful town, in which buildings are painted with bright red color and the streets filled with a sense of life, which is rooted in the local culture and its long history. I used to cherish these images of Prague. What I saw there by my own eyes, however, was a town which was absent of a sense of local peoples’ life. Prague was transformed into a cosmopolitan city with packed foreigners.

 プラハの中心地は、世界中からの旅行客で溢れていた。町の中心にある広場からチェコ人の友達とカレル橋まで歩いていったとき、彼は次から次へと押し寄せる人々の波を眺めながら、「彼らのなかでチェコ語を話している人たちは一人もいないよ」といった。特に夏の旅行シーズンになると、チェコ人は地方へと帰り、町は外国人のものとなる。

 The center of the town was overflowed with tourists from all around the world. When I walked with my Czech friend from the main square to the main bridge, looking at the waves of people, he told me that “I can’t hear one person speaking Czech here”. Especially in the summer tourist season, Czech people return home, leaving Prague full of tourists.

 プラハという町が発展したのは14世紀のことである。当時のカレル一世は川を挟んだ中心地に重要な建物がコンパクトに敷き められている。たとえば、プラハ城は丘のうえに広大に築かれており、その城のなかには大聖堂から、大統領の宮殿、そしてお抱えの芸術家、兵士の宿舎までもが置かれている。このコンパクトな町は、巨大な遺産である。しかしながら、このように鮮やかに集約化された町であるプラハでは、現在の観光客の流入に対応できていない。私自身、美しいプラハを見るために来たにもかかわらず、その行為自治が美しいものを汚していると知ったとき、大きなショックを受けた。

 Prague was developed around the 14th century. Karel the First started building the city center across river in a condensed way. The Prague castle for example, was built along a hill on such a large scale that inside the town wall it included a Cathedral, a presidential Palace, and residences for artists and soldiers. This small town was a great heritage. However, because of this immense concentration, today Prague has more tourists than they can handle. I felt guilty as one of those tourists to see the fact that my visitation itself helped contribute to deteriorating beautiful scenery of Prague.

 また、これはプラハだけに限った現象ではない。私はクロアチアのドブロブニクでも同様の光景を見た。それまで住んでいた現地の住民が、観光客の流入による物価の上昇により、ほかの地域へと移住を余儀なくされている。観光客が町の中心的な存在となり、地元の民は後景へと退いていく。ここの土地は地元民のホームランドではないのか。

 These are not unique developments in only Prague. I witnessed similar phenomena in other town, Dovrovnik in Croatia. As more tourists came to visit the town, the local people were forced to endure rising prices, and were ultimately force to move to another location. Why isn’t here a homeland for the local people?

 プラハは長い歴史と文化を持つ町であり続けている。しかし、その土地に深く根ざした歴史は、いまやその場で住む人たちの生活と切り離されたまま、ぽつんと取り残されているように思える。チェコ人がプラハの美しいイメージを世界にアピールするにつれて、プラハという香りが徐々に消えていきつつある。よいか悪いかは別にして。

 Although Prague has been a town which has had a long history and culture, it seems to me that the history tied to this land, now stands without having much relation to people living there. As the Czech people successfully shows off the beautiful quality of Prague to the world, the spirit of Prague was gradually vanishing, for better or worse.

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: 旅行(全般) パーマリンク

Prague, a beautifull city への2件のフィードバック

  1. Rei より:

    メールありがとうございます。本当に助かりました!
    明日が出発なのにまだ荷物整理中です。。。
    向こうについたらまた連絡します。では!

  2. おぐし より:

    >Rei
    Oh, I am glad to hear that. I hope you will enjoy the life in Uppsala! Please let me know your impression about Sweden when you are used to it. (I was sure that after traveling in Europe, Sweden is the best to me!)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中