Christmas present game

 To my surprise, I woke up at 11:30 this morning.
 This was the first time for me to get up this late after coming here in Sweden, although I did drink just a few of vocka with my friends. For breakfast, I ate corn freak with milk and some bread. Then I went to center of the city in order to buy christmas presents for my secret friend.
 In my corridor, we are doing Christmas present game. We have made it a rule since last month that each of us give tiny and cute present to your secret friend every week until December 14th, the day for our Christmas party. We are not supposed to tell who your secret friend is and we have to give present to them in a way so as not to let them notice who you are.
 Looking around five shops in the center, I printed out my picetures and I bought some funny cards and seals and foto-note(mujirushi無印). I am going to make some unique foto-note which is focusing on that person I give it to.
 Does it seem funny? People (especially girls) in my corridor are quite good at making tiny presents funny and better. Some people put so much effort into decorating rquite unique cards and some make favorite music songs into CD.
 Not only that. when we have party at our corridor, they try to do the best――making a concept of the party such as “red and black” which makes all participants dress in red and black. Elaborating a good poster for the party. Decorating our room in red and black.
 I am surprised the way they put their intelligence into that kind of things. This is a sort of ability we japanese students(people) are not likely to have. We usually have party at restaurant (izakaya) when we have special celemony. All we have to do is to look for a good place suited with the size and taste of the party.
 Of course we have many good party places in Japan. Tokyo is the one of the most exciting cities in the world. You can find all kinds of well-made things there. Good restaurant, exciting club, comfortable manga cafe, nice karaoke, amusement complex, disney land. However, I have to say that there are somethiing completely lacking in it.
 What we japanese need now is not already-well-made stuffs but the will to make something by ourselves. In that sense, it is quite good experince for students to live in a environment where you can find nothing exciting amusement place.

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: スウェーデン(その他), 自分事 パーマリンク

Christmas present game への3件のフィードバック

  1. ちゃんす より:

    お金とか遊ぶ場所がなくても、アイデアで女性をもてなすこともできるんだ!そうだ!東京にいると、そういう気持ちが弱くなるからいかん。
    そういう企画って相手も楽しいけど、自分も楽しいんだよね。それが重要だったりする。

  2. ちゃんす より:

    お金とか遊ぶ場所がなくても、アイデアで女性をもてなすこともできるんだ!そうだ!東京にいると、そういう気持ちが弱くなるからいかん。
    そういう企画って相手も楽しいけど、自分も楽しいんだよね。それが重要だったりする。

  3. おぐし より:

     こっちの生活で学んだことで最も大きいのが、自分の手持ちのリソースのなかで、いかに生活を豊かにできるかという工夫です。男陣はまあそれほどでもないけど、女性陣の才能溢れるクリエイティビティーにはいつも頭が下がります。
     たとえば、フランス人の料理好きの女の子の誕生日には、可愛いレシピノートをプレゼントしました。それぞれが白紙の一ページを使って、可愛くレシピを埋めるというものです。こういうところに知的リソースを(無意識に)注ぎ込めるというのは、本当に素晴らしいと思います。
     もちろん娯楽が日本ほどにないということもありますが、こういう人間臭さこそ豊かな社会には必要なのだと僕は再確認できました。(といってもスウェーデンがすべてそういう社会なのではなく、僕の寮の友人たちがたまたまそういう人間が集まったことはあるでしょうが)。
     他人の喜びを自分の喜びに。この当たり前のことを当たり前にできるようにならんといけないなと、つねに自分のことしか考えていない自分としては、多くを学んでいるところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中