Dream is over

 ィンランド、特派員プログラムが終わりました。あっという間の一ヶ月でした。フィンランドについて何を学んだのか。フィンランドのイノベーション経済、福祉、教育、軍隊、外交、メディア、デザイン、音楽、振り返ってみると、直接に自分の目、自分の体で体験したものが多く頭に残っています。
やっぱり一番の思い出は、森のなかのサウナ。毎週必ず用意されていたサウナタイム。俗世から抜け出して、森のなかの小洒落たコテージで豪華な料理を食らい、ビールとワインを飲んで、サウナに入り、沈みかける太陽の光を浴びながら湖に飛び込む。僕にとってのフィンランドといえば、もうこれですね。この映像が頭のなかでぐるぐると回り続けています。
 その他の思い出といえば、丸々一ヶ月間をともに過ごし、学び、飲んで遊んだ仲間たち。世界の19ヶ国のジャーナリストたちですから、みんな煩わしいほどの個性を持っています。ブラジル人はひたすら喋り続ける。南アフリカは常にロッキー。ウクライナはいつも綺麗なテレビレポーター。イスラエルは議論になると絶対に折れない。エジプトはジャスチヤーがいちいち大きくて早口。ドイツは冷静でストレート…。ターキーはシャイであるが意外に毒舌。
 このなかには、参加者のほとんどが「こいつは大物になるぞ」というような、本当に肝の据わった”ザ・ジャーナリスト”もいたり。まあでも、みんな本当によく質問をする。このレクチャラーからはあまり多くを学べないと思うような場合であっても、とにかく質問を突きつけて何かしら引き出す。しかも自分の国ではこうだという具体的な事例に引き付けて投げかけることも多く、世界の色んな視点に触れることができて刺激的でもあります。
 いまはプログラムが終わり、住んでいた部屋を追い出されて、カナダの参加者と一緒にヘルシンキのユースホステル(オリンピックスタジアムの中にある)でこれまでのプログラムを半数したり、資料をまとめたり文章を作ったり、町を散策したり、追加の取材、インタビューをしたり、のほほんと過ごしています。そのカナダ人の友人はフリーランスのライターで、これからフィンランドの森林産業やエネルギー政策についてまとめてどこかの雑誌に載せる予定だといっています。僕は帰国後に、フィンランド大使館(かどこか)でプレゼンテーションの形で報告ができればと思っています。
 今週の土曜日からはリトアニア、ポーランド、チェコ、ハンガリーを旅行する予定です。それではまた!

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: フィンランド パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中