大雨が降ればEU離脱に傾く?

 英国の運命を決める国民投票が明日に迫ってきた。欧州の歴史を決める分岐点に立ち合っていると思うと、感慨深い気持ちになる。歴史が書き換えられる瞬間を共有したいという、怖いもの見たさの気持ちもないわけではないが、EUの存続のためには是非残ってほしいと思っている。

 英国の残留派と離脱派は僅差で競り合っており、どちらにも転びうる状況になっている。どちらかといえば残留が有利と言われているが、当日の天候次第で結果がひっくり返る可能性は残っている。

 既に過去記事で書いたように、高齢世代の7割近くがEU離脱を強く支持しているのに対して、若年層では残留派が多い。一方で、高齢世代の方が相対的に投票率が高く、若年層は投票率が低い傾向にあるので、若者が投票に行かないと離脱派が上回る可能性がある。

 もし快晴になれば、投票率が底上げされるので、そのまま残留派が勝利するはずだが、大雨になれば番狂わせがあるかもしれない。高齢者はEU離脱に対して強い熱意があるので投票所まで足を運ぶが、若者はそれほど強い思いを持っているわけではないので、面倒になって投票所に行かなくなる人も多いだろう。つまり、残留派と離脱派の差が僅差なだけに、大雨によって離脱派が上回る可能性があるのだ(過去記事)。

 なお、23日はイングランド南部で雨の予報のようだが、大雨にならないことを祈るのみだ。

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: EU, 英国離脱 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中