勉強会の資料アップ

 先日、乙武さんが主宰する勉強会に、「若者と政治参加の制度設計」というテーマについて講師(笑)として話をしてきました。私からは、若者の政治参加の概念等、日本を含む先進国における現状と分析、そして欧州の若者参画の取り組みについて説明しました。

 (当日のプレゼンテーションの内容はこちらです)。

 
 まずは私が30分ほど話題提供を兼ねてプレゼンテーションをした上で、乙武さんと参加者を交えて質疑応答を行い、その後、参加者同士のワークショップを行いました。

 ワークショップは、各グループごとに「若者と政治に〜〜という選択肢!」を考えて発表するというもので、運営側の若者らがファシリテーターとして入り、議論を主導していました。そもそも勉強会のコンセプトが「参加者皆が初対面(リピーターはナシ)」だったのですが、全くよそよそしさは感じられず、時間をオーバーするほど議論は盛り上がった(はず)。個人的には、「選択肢があるという選択肢を!」という発表がツボでした。

 また、中学校以来の尊敬する乙武さんにお会いできて大変光栄でした。イメージ通り、勉強熱心でいながら謙虚でいて、ざっくばらんでいて、周りの人を明るく元気にする人で、特に若者の話を真剣に聞き応援する様子を見ると、この人の周りにたくさんの若者が集まってくるのが納得できます。

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: 政治参加・投票率・若者政策 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中