EU共通漁業政策の修正案、欧州議会を通過

2月6日にストラスブルグの欧州議会にて、EU共通漁業政策(Common Fisheries Policy, CFP)の修正案が通過した。しかも、修正案(全体)については賛成502(75%)、反対137(21%)で、予想を遥かに上回る差での可決となった。修正案の内容は欧州委員会が起草したものからは若干後退しているが、社民/自由/緑の党が重要と考えていたものはすべて残っている。

①MSY(魚が再生産できる水準)での漁獲枠の遵守。②魚の船外投棄の原則禁止。③「個別委譲(取引)可能漁獲枠(Individual Transferable Quota)」のEU全体での導入は行なわない。④多年度の漁獲枠の設定およびその意思決定のプロセスに欧州議会の関与を認める。⑤第三国との漁業協定でもMSYでの漁獲枠を遵守、基本的に余剰の水産資源を利用する。

Result of vote for the CFP修正案(全体)に対する投票結果(緑が賛成/赤は反対/黄色は棄権)

 欧州議会の欧州政党グループは、左から「左党(GUE-NGL」「緑の党(EFA)」「社民党(S&D)」「自由党(ALDE)」「(穏健)保守党(EPP)」「(英)保守党(ECR)』に分かれている。この投票結果を見ると、EPPからの反対(107)が賛成(115)と同じように多く、党内でのまとまりが取れていないことが分かる。EPPの反対派を見てみると、面白いことに、スペイン、フランス、イタリア、ポルトガルなどの南欧諸国ばかり。彼らは欧州政党の方針よりも自国政府の意向を優先して反対票を投じている。まさに漁業利権を持つ国(主に南欧)とそうでない国の反応の差が如実に出ている。

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: EU パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中