ヨーロッパウナギの資源管理(Resource Management plan for European eel)

欧州議会の漁業委員会での審議の続きで、議題は「ヨーロッパウナギの資源管理」。

日本ではニホンウナギの激減が問題になっているが、 欧州でも同様の状況にある。ICES(主に欧州の魚の資源評価機関) によれば、ヨーロッパウナギの稚魚(シラスウナギ)の加入量(Recruitment)は1960-70年代の平均と比べて大西洋地域では95%、北海地域では99%の減少。2007年からはCITES(絶滅危惧種を扱う国際機関)の付属書Ⅱに記載されており、2009年からEU圏外の国への輸出は禁止さ れている。EUは2007年からウナギ資源管理を行なってきたが、これまでの途中経過をみながら今年中にその内容が更新される模様。

ご存知のようにウナ ギは謎の多い魚である。ヨーロッパウナギの場合、西大西洋のバミューダトライアング ルのサルガッソー海で産卵するといわれている。そこで生まれた仔魚は、透明なシラスウナギに変態(メタモルフォーゼ!)しながら大西洋を超えてヨーロッパに 向かう。そして各国の河を駆け上がりながら黄ウナギになり、大人の銀ウナギになる。そのあと、わざわざ何千キロと離れたサルガッソー海まで戻って産卵をして死ぬ(ただし、そのまま 生きるものもいるらしい)。

     ウナギの生活史
             (東京大学ホームページ

ヨーロッパウナギの 数が激減しているのは、大人の銀ウナギがきちん とサルガッソー海に戻れていないためだといわれている。ただ、なぜ激減しているのかについては諸説あり確実なことは分かっていない。漁業者による乱獲だけでなく、ダム の建設を含めた河口環境の変化、気候変動による海水の気温の変化などもあって、資源管理の対策を絞りにくい状況にある。欧州議会の漁業委員会で修正案を担 当する緑の党のイサベラロビーン議員は、シラスウナギの激減の一番の原因は乱獲にあるとして、モラトリアム(一時的な禁漁)を含めたより厳しい措置を穫る ことを求めている。漁業委員会の多くの議員はいますぐのモラトリアムの実施には反対している。

ただ、科学的な資源評価機関(ICES)の勧告内容ははっきりしている。ヨーロッパウナギの(漁獲やダム建設による)死亡率を限りなく0にするべきというものだ(2012年11月の資源評価と勧告)。

2007 年に欧州委員会が打ち出したウナギの資源管理案は、欧州委員会は、過去の銀ウナギの資源量(過去に銀ウナギが海に戻っていたとされる予想数)の少なくとも 40%が海にかえすことを目標として、加盟国に具体的な計画案の作成および実行、そして成果報告を義務づけている。しかし、成果は上がっていない。漁獲禁 止 (モラトリアム)を実施しているのは、アイルランドとノルウェーだけで、そもそもすべての国々がきちんと計画案を作っていない。2カ国は実施も報告すらしていない(が、罰則はなし)。

欧州委員会の担当者によれば、ウナギ激減の一番の原因は乱獲にあるだろう が、他の要因も無視できないという。フランスなどの加盟国では水力発電(特に小型)を大量に設置しているようだ。小型の水力発電は「地域分散」で「環境に優しい」エネルギーである。川を駆け上がっていくウナギの邪魔をせずにきちんと海に返すことが不可欠であるが、ウナギの保全をとるか、クリーンなエネルギーをとるかをとらわれれば、これ は再生可能エネルギーを促進する政党にとっても難しい政治的に問題である。

今の資源管理の対策をきちんと実行したとしても、 ヨーロッパウナギの資源が回復(?)するのは10年から60年かかるという。EUの5 年間の資源管理から教訓が得られるとすれば、それは、加盟国でバラバラにやるのではなく全体で実行性を持って取り組むこと、そして義務を遂行しない国に対してはきちんと罰則や制裁をしていくことだろう。これをやらなければ、ヨーロッパウナギの資源は回復しないだろう。ヨーロッパウナギの保全に失敗すれば、世界に一つだけの、欧州だけに生息する貴重なウナギの種を失うことになる。欧州統合の象徴としても、ヨーロッパウナギの保全に成功することを願っている。

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: EU, EU Environment タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中