納豆ーうまいが一番

 れまでは、納豆を買わないようにしていた。何より値段が高いし、ストックホルムでしか手に入らないため、一度食べると、また食べたくなってストックホルムまでいかないといけなくなるからだ。
 ところが、先日、知り合いに納豆をもらった。前に「納豆が好き」と言ったのを覚えていて、持ってきてくれたのだ。しかも、「エコマークのついた新鮮な卵なら、生で食べても大丈夫」という。これは知らなかった。サルモレラ菌、こわいと怯えていたのに。早速、家に帰り、生卵と納豆とごはんで食べることにした。一年以上振りのあの味との感動的な再会である。生卵と納豆の、液体と粘り気の絶妙な組み合わせ、鰹節のタレとからしの、あのほんわかピリリとする香り。オイしい。おいしい。美味し過ぎる。
 私は悔やんだ。なぜ納豆を食べなかったのだろうかと。納豆の味は、私の身体に記憶されている。これを食べるだけでドーパミンがたくさん出るのに、ああ、1年分のドーパミンを無駄にしてしまった。しかし、今からでも遅くはない。これから納豆を食べよう。ストックホルムの日本食材店では、「うまいが一番」という納豆が売っている。4パック=32クローナ(約340円)。日本のスタンダードからすれば高いが、1パック110円だとすれば、コーヒーを一杯分我慢すればおつりがくる。32クローナで仕合せが買えるなら、安い出費だ。
 それから、私は週に4回納豆を食べているおかげで、幸せに暮らしている。

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: スウェーデン(その他) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中