スロベニアに行ってきます

 日から三週間ほどスロベニアの首都リュブリャーナに行く。毎年、EU内の大学が連携して政治学の方法論に関するコースを開いていており、夏のサーマーセッションは、リュブリャーナ大学がホストを務めている
 当初はスウェーデンに残り、スウェーデン語を継続的に学ぼうと思ったが、自分の研究内容を深める必要があるし、修士論文のテーマも絞らないといけないので、ここのコースを取ることに決めた。しかも、ウプサラ大学は協定校なので、300ユーロの補助金ももらえた。貧乏学生にとっては有り難い限りである。
 修士課程の同級生のアメリカ人の友人と一緒に行く。チケットはチェコ航空で往復3万円くらい。リュブリャーナでの住処は、カウチサーフィングを通じて見つけた現地の人のアパートで、3週間で大体200ユーロほどと割と安い。ここ一ヶ月くらいはスウェーデン語ばかりに集中しアカデミズムから遠ざかっていたので、ここで頭を切り替えて、勉学に励む所存。

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: 旅行(全般) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中