久しぶりに神社へ

 年は私にとってもお祓い前厄に当たる年である。実は、今まで一度もお祓いを受けたことがなかった。めんどくさいと思っていたのだろうか。いずれにしろ、今年、両親と一緒にお祓いを受けにいった。
 This new year is the year before a crucially unlucky age in my life according to a Shinto tradtion. To be honest, I have never had an experience of being purified at a shrine by a priest. Maybe when I was younger, I felt like I would like not to spend time and money for something that its effect was vague and unseen. Anyway, I went to a local shrine with my parents this year for the ritual for purification.
 午後の元旦は快晴だった。久し振りの地元の神社である。普段は閑散としている空間が、人の身体で埋め尽くされている。まずお祓いの受付をする。本館の、いかにも和室という感じの畳の部屋に案内された。お茶とお茶菓子を食べながら、待つこと二十分、順番が来て列に整列して並ぶ。袖無の白い装束を身に付けたのち、外に出て隣の拝殿へと向かう。伝統的な木造式、上に高く伸びている天井に、狭苦しく敷き詰められた椅子。三十人ほどの人達が、奥から詰めて椅子に座った。
 The New Year Day in the afternoon was a sunny day with clear blue sky. It was long time ago when I visited the local shrine last time. Even though the place is usually empty, it was packed with people coming for worship. The first thing we did there was to apply for a ritual for purification. We were taken to a waiting room with authentic Japanese style tatami room. After waiting there for 20 minutes by eating japanese sweets and drinking green tea, we were put in a line for preparation. The participants put on while gown with no-sleeve and walked in line to a hall of worship in a main wooden building with a high ceiling and many chairs on a narrow floor. About thirty people sat on a chair.
 斉主が一段上の式段に現れる。我々は立ち上がって一礼し、再度イスに座り、頭を下げた。一呼吸おいて、斉主が一人ひとりの名前、住所、災厄を順番に読み上げる。低音に響く声が、水の流れのように流れていく。三十分程で読み終えると、今度は横から現れた巫女さんが金色に施された大麻を振って、踊り始めた。サッサ、サッサと左右に足を滑らせては、大麻を振り回している。みんな普通のこととしてそれを眺めていた。それが終わったあと、濃い緑の葉のついた枝木を手渡された。これを神殿の前に供えるらしい。ひとつ式段を上がり、それを適当に空いた場所へと置いた。
 Then, a priest appeared on a stage in front of altar. We stood up for a bow and sat on chair again, keeping our head down. The priest read aloud indivitual’s names, address and type of troubles or misfortune. His low voice sounded clearly like river water flowed. It lasted about thirity minites. After this, a female attendant began to dance on the stage with a stick in her hands shaking here and there, trying to purify the participants. Then, they handed us a twig that we should put on the altar for an offering, which I put it on the edge of the altar.
 外に出ると、透明感のある空、そして冷たい風が吹いている。人々はお守りを買うために小屋の前に列をなしている。その群れに連なって神社の本殿の前まで進み、お賽銭を投げる。手を合わせて、思いついたもの頭に浮かんだことを右から左へ祈念する。目を開いて隣を見ると、母親はまだ祈り続けていた。何十年、いつもと変わらない風景である。もう少し長く祈っておけばよかったかなと思った。お祈りなど要らないと信じていたあの頃の若さだけが、どこかへ消えつつある。
 I got outside from the ritual hall and felt a cold breeze in the transparent sky. I saw people lining up in front of a hut to buy lucky charms and talismans. I and my parents walked to the front of the shrine and throwed coins into an offertory box, wishing everything that came to my mind with my palms together. I looked at my side and watched my mother still joining her palms with her eyes closed. This was a typical scenery of what I have seen in my life. She is always the one who takes more time for praying than I. Now I found that my youthness gradually disappers as I felt like praying longer and more often.

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: つぶやき・殴り書き パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中