スウェーデンに春がやって来た

 の一週間は両親がスウェーデンに来ていたので、私も一緒にストックホルム、ウプサラ、マルメやルンド(南)、そしてデンマークのコペンハーゲンを旅行してきました。南のマルメやルンドはウプサラよりも緑で溢れていてとても綺麗でした。これについては、また近いうちにまとめて書きたいと思います。

 I have been traveling for a week with my parents, who visited me in Sweden. We traveled around Stockholm and Uppsala, and then moved to Malmo and Kopenhagen. Malmo and Lund, which are located in southern part of Sweden, was so beautiful, filled with green tree and plants. Probably I will write about it later.

 昨日4月30日はスウェーデンで最も大きなイベントの一つ、「VALBORG」がありました。春の訪れをお祝いするイベントです。とくに学生の町のウプサラとルンド(南)ではこのイベントが大々的に行われます。私の住むウプサラでは、多くの人波が押し寄せて、テレビの中継も行われていたようです。以下、このイベントの流れについて書きたいと思います。

 Yesterday, there was “Valborg”, one of the biggest traditional events in Sweden, which was designed to celebrate the arrival of spring. This event was held in large scale in the student cities like Uppsala and Lund. In Uppsala where I live, there were so many people coming and the event was broadcast by TV company. I will talk about the event in details below.

 この日の朝はまずシャンパンからスタートします。起きたらすぐに町の中心を流れるフィリス川の緑の川辺に行って朝ご飯を食べて、一緒にシャンパンを飲みます。僕は朝の9時くらいに友達たちと一緒にブランケット(こっちでは毛布みたいなものを下に敷くのが普通)を敷いて場所を取って寝ころがりながらお酒を飲んでいました。あっという間に芝生の上は人という人で埋め尽くされていました。

 The morning starts with champaign. After getting up, people were supposed to go to the river and eat breakfast with champaign. I went there with my friends and sat down on the blanket on the ground. The river-side space was getting packed with people in a few minutes after we arrived.

 すると、川の上流から異様な小船が次から次へとプカプカと流れてきました。これはvalborgの最初のイベントで、学生たち(4名くらい)が自分たちで作ったボートを披露しながら、川を渡っていきます。船は一つ一つに趣向が凝らされており、学生自身も仮装に身を包んでいます。例えば、バルト海クルーズに使われるVIKING LINEを小さく作った船やSOMALIAの海賊の船、CO2を出して何か問題でもと掲げた船、メルヘンチックな船…などなど。

 Then, here came some weired small boat, floating over the river. This was the first event of Valborg. The boats that students made by their own were all decolated in a unique way and the students themselves were wearing unique clothes. trying to go through the rivers from up and down. Some boats looked exactly like the “Viking Line” which is a shipping company used for the Baltic clause. Some looked like the viking ship which was in Somalia, and the one whose sign said that “is there any problem for emitting CO2?”

           DSCN3683

           DSCN3682

           DSCN3686
      
 これら小船たちはお互いに水風船を投げ合って戦います。面白いことに、川岸から見ているオーディエンスの子どもたちもこれに参加して水風船を投げつけていました。ちなみに、学生の船は大抵、この先の急流に飲み込まれて転覆します(笑)。小さい子どもから大人、高齢者まですべての人達がここに集まり、これを見て楽しみます。とても牧歌的で田舎的な雰囲気。まさにスウェーデンの雰囲気です。

 These boats fight each other by throwing water balls. What was funny is that the children on the river-side, even as audience, took part in throwing the water balls…. By the way, almost all boats were overflowed at some stage of river. Small children and adults as well as old people gather together in this area and enjoying this seanery.What a peaceful view is this! I think this is really Swedish way of celebrating spring.

            DSCN3691       

 このあと学生たちは人文社会学の建物の前に広がる緑溢れる公園に行き、ロックバンドの音楽をバックに聞きながら、お酒を飲んで昼食を食べます。ここでは僕たちは小さい炭火を使ってバーベキューをしました。僕は一人「浴衣」を着てきたので、かなり注目を浴びてしまいました。恥ずかしいといえば恥ずかしいのですが、スウェーデン人からよく声を掛けられたことを思えば、それなりに良いコミュニケーションツールにはなったと思います。

 Afterward, the students moved to the park in front of the social science building and had a barbecue there for lunch, listening to the music on the stage. We did use the tiny charcoal for our barbecue. There among crows, I stood out with my wearing “Yukata”, a traditional Japanese summer cloth. Although I felt a bit embarassed, it would be a good communication tool, considering the fact that a lot of people happily contact me.

          DSCN3694

 この後、NATIONという学生組織の建物に行って、シャンパンの掛け合いを行いました。この時間帯はカロリーナ総合図書館で、ウプサラ大学の学長のお話があるのですが、そんなことはお構いなしにシャンパンをジャバジャバと掛け合い、そしてデロンデロンになった酔っ払いたちで町は溢れかえります。びっくりするのは大量のゴミの山。自分のゴミ(酒や料理)を全く片さないので、そこらじゅうにゴミが溢れます。市のゴミ清掃係の人が掃除をしているまさにその横で、ゴミ(ビール瓶とか)を投げ付けていきます。「誰かが片付けるからいいんだ」という精神性にはほんとにうんざりしてしまいます。

 Then, students move to the nation, where they started to throw champagne to others. It was around the time we were supposed to go to the library Catolina and listen to what the chansellor of our university had to say…. Nobody cared about it. People just drank as many alchohol as possible and the city was full of drunken people. Yes indeed, there were so many garbages anywhere out in the streets. People just threw their garbage away on the street even though the city staff were cleaning out them at the same place. I was really disgusted by their mentality that someone else should clean up anyway.

 シャンパンシャワーのあとは、みんな寮に帰ってシャワーを浴びて再びクラブに飲みに出かけます。…本当ならばウプサラ城に行って火を炊いてそれを見ながら歌を歌うというのが普通なのですが、やはり学生には関係ないようですね。valborgは学生にとっては単なるお酒を飲んで騒ぐための免罪符が与えられるの日といえるでしょう。

 After the champagne shower, people went back to their home and took shower, changed into new cloth, then went to club for another drink. Again we were supposed to go to the Uppsala castle or Gamla Uppsala and sing songs in front of big fire….Students just did not care about anything but drinking. Valborg is the day when students could get an indulgence for drinking and making noise.

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: スウェーデン(その他) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中