スウェーデンに2009年がやって来た

 2009年になったらしい。The year 2009 seemed to come.

 海外で正月を迎えたのはこれが初めて。NHKの紅白歌合戦を見て(ってあんまり見てないけど)、除夜の鐘の音をバックグラウンドに、行く年来る年を見て、神社に行って、新年の挨拶をして、年賀状を見て(ってほとんど出してなかったのだけど)…。この当たり前の儀式がないと、「新年がやってきた」という気持ちにならない。さようならし切れずにいる2008年が、まだ僕の周りを漂っている。そんな気がする。

 This is my first time to spend new year days oversea. I realized it was difficult for me to feel that I came to be in the new year 2009, without going through Japanese traditional way of rituals――watching “Kouhaku Utagassen”, the annual NHK program of singing match and “Ikutoshikurutoshi”, a TV program meaning “this year gone, next year will come”, listening to sounds of temple bells, going to shrine and wishing for new years luck and checking new year’s greeting letters――Actually, I still feel the year 2008 is roaming somewhere around myself.

           DSCN0891

 スウェーデンでは、新年のカウントダウンが始まると、みなが一斉に花火をぶち上げる。新年の大空に響き渡る花火の爆音と、七色に輝く閃光たち。日本ではまず絶対に購入できない種類の大型花火が、普通の人々の手によって打ち上げられる。ここぞとばかりに、うひゃーみたいな。

  In Sweden, many people started to launch fireworks when new year came. Fireworks did produce big sounds and lingering sparkling lights in the sky. They kept on launching fireworks, those types of which you could never be allowed to purchase without permission. It seemed to me that they are obsessed with doing that.

 ウプサラの中心地では、溢れんばかりの人だかり。今まで見たこともない人の大波が次から次へと押し寄せる。冬眠から覚めたウプサラの住人たちがウプサラ城を目指して集まってくる、マイナス10度のクソ寒いなかで、シャンパンやビール、ワインを片手にワイワイワイ。花火を片手にバンバンバン―。

 At the center of Uppsala were people gathering on such as small streets. I have never seen such a crowded people in Uppsala since I came here. They were walking to Uppsala castle. The temperature was about minus 10 degree. The most of people had wine or champagne on the one hand, and fireworks on the other hands.

 過ぎ行く日々に別れを告げ、新たなる年を迎える。「行く年来る年」の間にある、あの寂しさと楽しさの織り交ぜになったような淡い情感は、どこを探しても見当たらない。「ヘイヘイ、ジャパニーズ、ニューイヤーを楽しくウェルカムしようぜ」みたいな馬鹿げた明るさと陽気さが町中に横溢している。なんだか、間違った場所で新年を迎えてしまった気分である。

 Saying goodbye to the last year and welcoming the new year. Here in Sweden, there is no such a mixed feeling with tranquil and pleasing. There seemed to be filled with only stupidly delightful atmosphere. I thought I had welcomed the new year on a wrong place where I should not have.

 自分は骨の髄まで日本人なんだな、と思った。I thought I was a truely Japanese person.

 やはり日本の正月が好きだ。地元の小さい神社に友達と行って、除夜の鐘を聞きながら「ああ、今年も終わりだな」と寂しく思う。二度と戻らぬ2008年さようなら。ぼんやりした霧の彼方へ消え去っていく2008年を思い出し、懺悔し、感謝し、別れを告げる。

 Honestly speaking, I like the new year days in Japan. I felt from the bottom of my heart that “the last year was gone” when I visited a tiny shrine near home with my firends while listening to sounds of silence and ringing temple bell. I would recall of every part of what I have done in 2008, and say goodbye to the year 2008.

 そして、新しい2009年がやってくる。去年までのお守りにさよならを告げ、新らしいお守りに期待を込める。賽銭をして、新しい年の平和を祈る。自分の運をためしに、おみくじを引く。甘酒を飲んで神社の火の周りに何となしに、ただずむ。火が消えると、物語は終わり。家に帰って寝る。そして朝、目を覚ますと、自分を取り巻く空間はそれまでとは異なる別の世界だ。

 Then, we welcome the new year 2009. At shrine, we throw away the old tailsmans and get new ones. We give small coins and then wish for our good luck and peace. We try fortune slip. After that, we stand around the fire while drinking sweet sake. When fire is dead, the story is over. Its time to go home. Next day I get up in the morning and find that the atmosphere around you have changed completely.

 僕の2009年はいつやってくるのだろうか。

 I wonder if I can feel a sense of that atmospher in 2009.

ぐし について

スウェーデンのウプサラ大学大学院政治行政学修士取得、欧州議会漁業委員会で研修生として勤務後(-2013年3月)、ブリュッセルでEU政策や市場動向などを調査の仕事に従事。2014年11月から慶應大学のEUSI研究員。千葉市まちづくり未来研究員(自転車政策)。NPO Rights副代表理事として若者政策(主に若者参画)の提言や分析を行う。連絡先:gushiken17@hotmail.com
カテゴリー: スウェーデン(その他) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中